高山勝充 Katsunobu Takayama

高山勝充

1992年生まれ。2006年、中学生(14歳)の時に美術教室に通いはじめたのをきっかけに、10年以上ライプハウス(東大阪市)にて制作を続けている。
初期から2015年頃までは矩形が重なり合ったマチエールの美しい抽象画を制作。近年は、絵の具の積層が独特なボーダーの作品を制作している。
自分なりのルールに即して絵の具が塗り重ねられた作品は、見る者にモダニズム絵画の基本要素を思い起こさせながら、それらをするりと抜けた唯一無二の抽象絵画である。

other artists