中根恭子 Kyoko Nakane

中根恭子

1984年生まれ。ワークセンターとよなか(豊中市)にて活動。

2014年頃から、牛乳パックをはハサミで切り刻み、刻んだ小片をプラスティックの収納ケースの中に入れ、積層させていく行為を続けている。切り取られるのは、印刷されている製品名、原材料名、栄養成分表、マークやキャラクター、バーコード等で、それらの小片をケースの中で丁寧にレイアウトしていく。小片同士は接着していないので振動に脆く、ケースの下方や側面では雪崩を起こし、有機的な地層をつくっている。止まることなく積み重なっていく小片は、日毎に微妙に変化し、複雑な表層を見せ続ける。時々、文字が一文字ずつにカットされバーコードのライン上に並べられていくこともあり、その光景は見所の一つ。

尚、写真は、モノとして留めておけないこの行為を、支援スタッフが定期的に撮影した記録写真である。

other artists