穴瀬生司 Seiji Anase

穴瀬生司

1966年生まれ。2009年からYELLOW(泉佐野市)で制作を行う。

主にペンを使い、線や抽象的な図形が繰り返し描かれ、重層的で躍動的な穴瀬作品。
画面の中を凝視していくと、自分の名前に由来する「あ」「な」「せ」という文字が多く潜んでいることに気づく。

アトリエ活動の当初は、絵を描くことが苦手で、何を描いていいのか分からないように、迷いながら線を引いていた。 その後一年くらいをかけて紙全体に抽象的な図形、時にはいくつかの文字を描くようになった。
現在の制作も、根本的にはその頃と大きく変わらず、集中力と継続力をもって、描く密度が飛躍的に高まってきたものと言える。

2017年頃からは、小さな木片にやすりを繰り返しかける彫刻的な創作も行っている。

other artists