about

capacious(カペイシャス)は直訳すると、容量の大きい、包容力のあるという意味で、大きな仕切りのない袋をイメージしています。
現代アートの歴史や言葉による縛りなど既成の枠組みを取り外し、作品を純粋に鑑賞することで広がる可能性を、今改めて考えてみたいと思います。
作者やその関係者(施設の方やご家族等)と、美術関係者やアートファンのあいだを繋ぎ、新たに広げながら、作品が多くの方々にコレクションされることを目指して活動します。

*capaciousは、大阪府内の障がいのある人が制作する作品を紹介するプロジェクトで、大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の支援を受け、2015年7月よりスタートしました。

一般財団法人 大阪府地域福祉推進財団
capacious 事務局
c/o office N
〒542-0062 大阪市中央区上本町西4-1-68
Tel:06 7506 9338

We chose capacious as our project title, representing it through the symbolic image of a large bag with no compartments. We would like to take this project as an opportunity to re-consider the potential of art when experienced without the baggage of conventional trajectories defining contemporary art or limitations of language.

In capacious, we will introduce artworks produced by people with disabilities living in Osaka. We launched the project in July 2015, supported by a regional welfare grant from the Osaka Foundation of Welfare. We aim to build connections between two groups of people – the first one being artists, their families, and institutions they belong to; the second group will include art administrators and art patrons. We hope to cultivate new relationships among them, and encourage more people to collect artworks through our project.

OSAKA FOUNDATION FOR COMMUNITY WELFARE
capacious
c/o office N
4-1-68 Uehommachi-nishi Chuo-ku, Osaka
542-0062 JAPAN
Tel:+81(0)67506 9338